雑記

【やめとけ】好きなことで生きていくというライフスタイル

スポンサーリンク

好きなことで生きていく
というフレーズ一度は聞いたことあるだろう

 

YouTube公式のCMから始まり
多くの有名YouTuberがそのライフスタイルを推奨した動画をアップしている

 

好きなことを仕事にできるのは素晴らしいと言いたいのだろうが
確実に言っておこうやめておけ

 

ただ否定しているわけではない

 

長年自分の店を切り盛りしてきた経験と
ブログやYouTubeでそれなりに実績を作ったきた立場での意見だ

 

今回はなぜ好きなことで生きていく
というライフスタイルがいけないのか?
という理由

 

もう一つは我々凡人は
どんなライフスタイルが理想なのか?
を詳しく解説していく

 

もちろんいつものように完全個人的主観だから参考程度に頼む

TwitterInstagramYouTube フォロー宜しく

好きなことでいきていくとは?

そもそも好きなことでいきるというのはどういうことなのか?

 

ゲーム大好きな人がプロゲーマーになる?
絵を書くのが好きな人が漫画家になる?
YouTuberになって自分の動画を発信?

 

この記事を読んでいる方にも
好きなことでいきていくとはどういうことかを考えてほしい

 

自分にはこの好きなことでいきていく
というのがイマイチよくわからない

 

自分の好きな趣味がそのまま仕事に活かすことができれば
それは好きなことで生きていることになるのだろうか?

例えば映画が大好きな人が映画関連の仕事で働くことができれば
それが好きなことでいきていることになるのだろうか?

ではそもそも好きなことが無い、またはそこまでのめり込めるものが無い人はどうなのか?

 

考え出すとキリがないので、ゲームが死ぬほど好きと仮定して
プロゲーマーになった時の状況をシミュレートしてみた

好きなことで生きていくの正体

ゲーム好きな人が頑張ってスポンサーを獲得してプロゲーマーになったとする

 

ではその後はどうなる?

 

生きていくということは収入が必要だ
つまり好きなことをどこかでマネタイズしていかなければならない

 

そのためには厳しい競争世界で勝ち続ける必要がある

 

プロゲーマーなら大会で勝たなければスポンサーもつかなくなる
ネット配信でも数字が取れなくなる

 

たまたまゲームを例えに出したが他のジャンルでも同じことだ

 

好きなことでいきていく、ということは
そのジャンルでシビアな競争を勝ち続けて結果を出していかなければならないのだ

 

これが好きなことで生きていくの正体だ

好きを仕事にしてはいけない

自分はブログを書くのが結構好きだ

 

自分の考えをマイペースに好きに発信できる
それが資産にもなる

 

ところがブログで生計を立てていくとなると話は違ってくる

 

毎日更新は当たり前、一記事あたりの文字数は最低2000文字とか
SEOを意識してのキーワード云々、他ブロガーを出し抜くためにもとにかく半端ない作業量が必要になる

毎日の更新のプレッシャーとGoogleアップデートに怯えながら
自分の書きたい内容ではなく
マネタイズしやすい記事を書いていかなればならないのだ

 

この時点でブログを好きで書いていると言えるだろうか?

 

結論として好きなことにお金が絡んでくると、それは好きではなくなる

 

YouTuberが好きなこと生きていく
と言っているのはポジショントークに近い

最初は好きで始めたかもしれない

 

しかし現実は数字を維持するために
凄まじい努力とストレスに晒されながら
生きていると自分は思っている

理想の生き方

好きで生きていくというのがほぼ無理だと理解したと思う

 

ではどうすれば幸せといえる理想の生き方ができるのか?

 

それは
好きは趣味にして割の良い仕事で生きていく

 

割の良い仕事とは随分曖昧な表現に思うかもしれないが、割が良いというのは個々によって全く違ってくる

 

そこそこの収入のサラリーマンを割が良いと思う人もいれば
自分のように自分で店舗経営することが割が良いと思う人もいる

 

先程のブログで生計をたてることを割が良いと感じる人もいる

これは自分自身に自問自答して欲しい

そして好きなことを好きと思えるように好きと仕事は別にすべき

 

好きなことは趣味として向き合えばいい

まとめ:好きなことで生きていくな

好きなことで生きていってはいけない理由

生活がかかってくると
好きなことが好きで無くなる

好きなことで生きている人達の殆どは
結果を出すためにシビアな競争と
数字を維持するためのストレスに晒される

推奨する生き方

好きは趣味にして
割の良い仕事で生きていく

割の良い仕事は自分で考える

自問自答して割が良いと思えば良し

好きは趣味として接する

もちろん実際に好きなことで生きている人はいるだろう

収入が少なくても好きなことで生きればOK
という考えを否定はしない

結局生き方なんてのは自分自身が満足するかどうかだから

ただ現実としてそういう生き方は大抵は割の合わないものになる

 

好きなことで生きて、その生き方が割が良いと思えてる人はおそらく万に1人もいないと自分は推測する

 

このブログの読者はそんな生き方は望んでいないはずだ

 

人生を有意義に生きるための一つの考え方として参考になれば

TwitterInstagramYouTube フォロー宜しく

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-雑記

© 2021 戦略のけんたろう Powered by AFFINGER5